nagara green tourism
体験マップ (PDFファイル)

「実りに感謝し、収穫の喜びや味覚を楽しむ!」 秋のながらグリーンツーリズム。

さつま芋落花生
長柄町は、千葉県の中央部に位置し「ちばのおへそ」と称されています。
町は、緑豊かな里山に囲まれた長閑のどかな田園が広がり、地味豊かな田畑と豊富な水に恵まれており、農業も盛んに行われています。
水田や畑は“赤土”と呼ばれる関東ローム層の上層部に、“黒ぼく(黒く肥沃な土壌)”と呼ばれる土が堆積した圃場ほじょう(水田や畑)に加え、温暖な気候で、緑が多く比較的昼夜の温度差が大きいことや、水の確保が容易なことなどから、稲作をはじめ、野菜や根菜類、果物などの栽培が盛んに行われています。
ながらグリーンツーリズムでは、「実りに感謝し、収穫の喜びや味覚を楽しむ!」稲刈り、ぶどう狩り、さつま芋掘り、落花生の収穫、自然薯掘りなどの秋の味覚収穫体験メニューをご用意しました。
中でもぶどうは、『黒い真珠』と称される“巨峰”、“ピオーネ”、“藤稔ふじみのり”などの巨峰群きょほうぐんと呼ばれ、口から果汁が溢れ出るような大粒ぶどうです。
そして、千葉県が生産量日本一の落花生。大きさが一般品種の約2倍もあるジャンボ落花生“おおまさり”の収穫はもちろん、近年千葉県が育成した新品種で「これまでのピ−ナッツを超えた!」と言われ、甘さが特長の“Qキューナッツ”掘りも体験出来そうですよ。(“Qナッツ”のネーミングは、「これまでのピーナッツを超えた!」と言われ、甘さが特長の落花生で、アルファベット順のP(ピーナッツ)の次はQであることから“Qナッツ”と名付けられたそうです)
掘りたての“おおまさり”を塩茹でした『茹で落花生』は、産地ならではの味わいで、甘く 後引く美味しさです。
ほかにも、「甘くホクホクと美味しい」さつま芋(主にホクホク系の“紅あずま”)掘りや 味・香り・甘みに優れ、粘りが強く伸びの良い風味豊かな自然薯掘りなどもお楽しみ頂けます。
秋の一日、ご家族で、ご近所お友達と爽やかな汗を流し収穫を楽しみませんか。
長柄町へは、圏央道の『茂原 長柄スマートインターチェンジ』も開設され、ますます便利になりました。近くて便利な長柄町で色々な農業体験が出来るなんて最高でしょう!
お問合せは、『ながらグリーンツーリズム』0475-35-4447まで。
なお、各体験の詳細・ご予約は、農園(生産農家さん)・営農組合・生産組合へ直接ご連絡の上、ご確認・ご予約ください。
秋の味覚(農林産物、果物、農林産物加工品など)は、『道の駅ながら』0475-35-4741、『産直広場太陽』0475-47-3711で販売しています。
<稲刈り>
『水上第一営農組合』 白木康雄
長生郡長柄町刑部2298
090-2639-8973まで。
『水上第二営農組合』 伊藤吉和
長生郡長柄町高山44
0475-35-2079まで。
『日吉第一営農組合』 小倉正志
長生郡長柄町針ケ谷1236-2-3
0475-35-2537まで。
<ぶどう狩り(巨峰・ピオーネ・藤稔など)>
『はぎわら農園』 萩原章典
長柄町山之郷601-139
0475-47-3953まで。
※ぶどうが売り切れ次第営業終了となります
<さつま芋掘り(“紅あずま”)>
『月岡農園』 月岡清孝
長柄町長柄山847
0475-35-3244まで。
<落花生の収穫(“おおまさり”・“Qナッツ”)>
『蒔田農園』 蒔田佳久
長柄町山之郷481-17
0475-35-2490まで。
<自然薯掘り>
『長柄町自然薯生産組合』 行方 正
長柄町刑部14
090-5769-3923まで。
★必ずご予約ください
農園・営農組合・生産組合の方は、昼間、水田や畑などで作業をしていることがあります。電話の繋がり難いことがありますが、ご理解くださいます様お願い致します。
新型コロナウィルスの感染が拡大しています。
今後の感染拡大状況によりましては、『秋の味覚』収穫体験はお受け出来ない場合があります。ご理解くださいます様お願い致します。

今月の体験

新型コロナウィルスの今後の感染拡大状況によりましては、各体験を中止・休止する場合があります。ご理解くださいます様お願い致します。
農家・農園並びに、各組合の皆さんは屋外で作業をしていることがありますので、電話が繋がり難いことがあります。ご理解くださいます様お願い致します。

薔薇のブーケ作り、太巻き花寿司巻き、パン・菓子作り、陶芸などは年間を通して体験が出来ます。
※詳細は、各体験ページでご確認ください。
★必ずご予約ください。

スナップショット

  • コロナ禍の「自粛疲れを吹き飛ばせ!」とばかりに、土の感触を楽しみ。元気いっぱいジャガイモを掘りました。
  • コロナ禍の「自粛疲れを吹き飛ばせ!」とばかりに、土の感触を楽しみ。元気いっぱいジャガイモを掘りました。
  • コロナ禍の「自粛疲れを吹き飛ばせ!」とばかりに、土の感触を楽しみ。元気いっぱいジャガイモを掘りました。
  • コロナ禍の「自粛疲れを吹き飛ばせ!」とばかりに、土の感触を楽しみ。元気いっぱいジャガイモを掘りました。
コロナ禍の「自粛疲れを吹き飛ばせ!」とばかりに、土の感触を楽しみ。元気いっぱいジャガイモを掘りました。
2020年7月11日(土)実施
梅雨前線の日本列島での停滞による『令和2年7月豪雨』は、九州地方をはじめ各地に甚大な被害をもたらしています。千葉県でも前線の影響による雨の日が続いていましたが、幸い曇り空の下で『ジャガイモの収穫体験』を実施することが出来ました。
今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止から、募集人数も大幅に縮小し、感染予防対策を講じての実施でしたが、「コロナ禍の自粛疲れを吹き飛ばせ!」とばかりに、東京、千葉、市原方面から10家族、約20名様のご参加を頂きました。
収穫は、ジャガイモを代表する有名な“男爵”と黄色の果肉が特長で、ホクホクと甘く、別名“黄金男爵”とか“栗ジャガ”とも言われる“きたあかり”の収穫です。
皆さんは、久しぶりの土の感触を楽しみ、会話も弾むなか、家族で力を合わせ、大きく育ったジャガイモを掘り出していました。
試食コーナーでは、“男爵”はじめ、“きたあかり”、“メークイン”などに“インカのめざめ(希少な品種で、南米アンデスでお祭りでしか食べられなかった高級ジャガイモの一種)”、“デストロイヤー(デストロイヤーは通称で、正式名は『グラウンド・ペチカ』と言い紫色のジャガイモ)”と言う珍しく貴重な品種も試食出来るとあって、蒸したての新ジャガにバターやイカの塩辛などを乗せて味わい、香りや風味、食感を、それぞれに食べ比べて楽しんでいました。
また、『ながら夢工房』さんからの“ジャガイモの味噌汁”と“赤しそジュース”の振る舞いもあり、皆さんは、ジャガイモ掘りを思いっきり楽しみ、色々なジャガイモを心ゆくまで味わったことで、コロナ禍の自粛疲れを癒し、少しでもストレスを発散することが出来たのではないでしょうか。
体験マップ
産直広場 太陽
『産直広場 太陽』
そば畑の庵『ながら長生庵』や『長生ファーム・ブルーベリー』に隣接し、長柄町や近隣の市町村の新鮮で美味しい米・野菜・根菜・果物などや農林産物加工品などを販売しています。
詳細はお問合せください。
営業時間:9:00〜18:00 定休日:毎月第一水曜日
長柄町山根2010 0475-47-3711
道の駅ながら
『道の駅ながら』
県道14号(千葉―茂原線)六地蔵の『道の駅ながら』では、長柄町や近隣市町村の新鮮で美味しい米・野菜・根菜・果物などや農林産物加工品などを販売しています。
詳細はお問合せください。
長柄町六地蔵138-1 0475-35-4741
千葉県長柄町
千葉県長柄町
長柄町は千葉県のほぼ中央部に位置し、東京都心から50km圏、千葉市からは25km圏にあり、『千葉のおへそ』と呼ばれています。また、圏央道の木更津からの延長や『茂原・長柄スマートIC』の開設(令和2年)によりとてもアクセスが良くなり、東京や神奈川方面からも気軽に来られるようになりました。
この地理的条件と県立笠森鶴舞自然公園に指定された恵まれた自然、基幹産業である農林業、農村生活文化などを活用して、都市住民に滞在型余暇活動を提供する『グリーンツーリズム』を推進しています。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
長柄町長清田勝利