nagara green tourism
体験マップ (PDFファイル)

伝承され 培われてきた伝統の技と豊かな感性で、「目で楽しみ、味で楽しむ」“太巻き花寿司”を美味しく巻き上げます。


千葉県を代表する郷土料理の一つに、古くから伝承されてきた、厚焼き玉子と海苔のりを『巻簀まきす』で巻いた“太巻き寿司”があります(長柄町や近隣市町村では“太巻き花寿司”と呼んでいますが、地域によっては“太巻き祭り寿司”とも呼ばれています)。
県内各地の『道の駅』や『農産物直売所』などでも販売されていますが、切り口の絵柄(文様もんよう)を見ますと、その地域ならではの特色を表したものがあり見た目にも美しく楽しいですね。
さて、長柄町や近隣市町村の主に農家のお母さんたち(昔は男性が巻いていたとの記録もあるそうです)は、冠婚葬祭や人生儀礼そして、節句、年中行事などでお客様をお招きしての会食や宴会などを催す『人寄せごと』には定番料理として、必ず“太巻き花寿司”を巻いてご馳走し、おもてなしをしたそうです。
また、お客様がお帰りの際には 重箱じゅうばこ や 経木きょうぎの箱に“太巻き花寿司(厚焼き玉子巻きと海苔巻き)”を詰めてお土産としたそうです。
時代の流れともに、価値観やライフスタイル、家族構成、住宅事情などが変化し、自宅で『人寄せごと』を催す機会が少なくなるとともに、“太巻き花寿司”を巻くことやまた、巻ける人も少なくなりましたが、ぜひとも後世に伝えていきたい日本料理、和食文化の一つでしょう。
昔は、その家ならではの絵柄や巻く人の得意とする絵柄があり、その家に伝わる絵柄をしゅうとめさんがお嫁さんに必須科目として伝授してきたそうです。
お嫁さんは、とつぎ先に伝わる絵柄の巻き方の習得と、自身も、絵柄の巻き方を工夫・創作することで、オリジナリティに富んだ得意な絵柄を巻いてきたそうです。
巻き上がった自慢の“太巻き花寿司”の切り口を見ると、花や木、人や動物に昆虫、そして、文字や造形物などと多彩な絵柄に、巻き手の技と豊かな感性が窺われます。 ながらグリーンツーリズムでは、“太巻き花寿司”の伝承と普及を目指すと共に、料理のレパートリーの一つとして手軽に巻いて頂きたいとの願いから、“太巻き花寿司”巻き体験教室(通年・不定期開催)を行っています。ぜひご夫婦で、また、お友達やご近所お誘い合わせでチャレンジしてみませんか。
巻き方の基本を習得しましたら、巻きしんの材料に、お子さんの好きなウィンナーソーセージやチーズにチキンなどを入れて、今風のキャラクターなどの楽しそうな絵柄を巻いた、貴女ならではの『ママ流“太巻き花寿司”』は、お子さんのお誕生日会や遠足、運動会のお弁当に喜ばれること請け合いです。
さらには、ママ友の集まりや小パーティなどに巻いてみるのも良いでしょうね。
また、普段の食事に、料理レパートリーの一つとして『ママ流“太巻き花寿司”』を巻いて、ご家族でテーブルを囲んでみては・・・。
お子さんから、「ママ、こんな絵柄も巻いてよ!」などの注文も入り楽しい食事の一時となりますよ。
「目で楽しみ、味で楽しむ」“太巻き花寿司”は、場を盛り上げ 賑やかに会話も弾みますよ。
「昔は男性が巻いた」との記録があるそうです。パパもチャレンジして、『パパ流“太巻き花寿司”』を巻いてみませんか。
詳細はこちらから
「目で楽しみ、味で楽しむ」食べて美味しい“太巻き花寿司”は、『道の駅ながら』0475-35-4741、『産直広場太陽』0475-47-3711で販売しています。
『ながら夢工房』 岡部弘安
長柄町六地蔵138-1
090-4668-4801(岡部さん)まで。
★必ずご予約ください
農園(農家)の方は、昼間、水田や畑などで作業をしていることがあります。電話の繋がり難いことがありますが、ご理解くださいます様お願い致します。
新型コロナウィルスの感染拡大が懸念されています。
ながら夢工房では、適切な感染対策をおこなっておりますが、今後の感染拡大状況によりましては、『太巻き花寿司巻き』体験はお受け出来ない場合があります。ご理解くださいます様お願い致します。

今月の体験

新型コロナウィルスの今後の感染拡大状況によりましては、各体験を中止・休止する場合があります。ご理解くださいます様お願い致します。
農家・農園並びに、各組合の皆さんは屋外で作業をしていることがありますので、電話が繋がり難いことがあります。ご理解くださいます様お願い致します。

薔薇のブーケ作り、太巻き花寿司巻き、パン・菓子作り、陶芸などは年間を通して体験が出来ます。
※詳細は、各体験ページでご確認ください。
★必ずご予約ください。

イベント情報

  • 味噌造り
    「わが家ならではの、味と好みの味噌』を作りませんか。
    材料にとことん拘った無添加・天然醸造味噌ですから、『旨さ』はもちろん、安心して食べて頂けます。
    味噌や納豆、豆腐などの主な原材料は大豆ですね。
    ところで、国内で消費される大豆の95%は輸入品であることをご存知でしたか?
    ながら夢工房では、「安全で安心して食べて頂ける味噌造り」をモットーに、 とことん原材料に拘っています。
    大豆は主に、枝豆で食べても美味しい千葉県産の“緑大豆”を使用し、米麹も「食味が良い!」と評判の“ながらコシヒカリ(長柄町産コシヒカリ)”を使用しています。また、味の決め手となる塩も、ミネラル分を多く含む天日乾燥の天然塩を使用するなど材料にとことん拘り、麹造りから仕込みまで昔ながらの製法をかたくなに守っています。
    もちろん、添加物は一切加えず、常温で発酵・熟成させる天然醸造味噌です。
    仕込んだ味噌を2・3年かけてじっくりと熟成させると、大豆と麹に塩が程よくこなれ、天然醸造ならではの旨味に深みとコクが増し、まろやかで美味しい味噌に仕上がります。
    使用する材料により、黒米味噌、赤米味噌、黒豆味噌、茶豆味噌、麦味噌、ギャバ味噌造りも体験できます。ご相談ください。
    味噌造り体験は、仕込みだけの半日コースと麹造りから仕込みまでの2日間コースからお選び頂けます。ご都合に合わせてお選びください。
    <1月の味噌造り(仕込み・半日コース)>
    午前と午後の2回行います。ご都合に合わせて体験時間をお選びください。
    1月15日(土) 午前9時〜・午後1時30分〜
    1月27日(木) 午前9時〜・午後1時30分〜
    『ながら夢工房』 岡部弘安
    長柄町六地蔵139-1
    県道14号 千葉−茂原線(六地蔵)『道の駅ながら』の裏側
    090-4668-4801(岡部さん)まで。
    ★必ずご予約ください
    新型コロナウィルスの感染拡大が懸念されています。
    ながら夢工房では、適切な感染対策を行っておりますが、今後の感染状況によりましては、『味噌造り体験』を休止する場合があります。
    ご理解くださいます様お願い致します。

スナップショット

  • 味噌造り
  • 味噌造り
  • 味噌造り
  • 味噌造り
小学生のお友達が、穀物を使った食品加工法を、大豆やお米にトウモロコシで、味噌造りに そして、ポップコーン作りで学びました。
2021年11月21日(日)実施
公益財団法人 国際青少年研修協会(東京都豊島区)並びに、後援・豊島区では、青少年の多感な時期に成長のステップに応じた体験プログラムとして、日本の風習や農業体験、手仕事によるモノ作り体験を通して、友達と一緒に楽しく学ぼうと野外活動事業を行っています。
11月の月例事業は、『ながら夢工房』で 味噌造りとポップコーン作りを体験しました。
豊島区在住の小学生に、長生村・土浦市・吉川市・三郷市・八潮市からの小学生24名が、大豆やお米、トウモロコシなどの穀物を使って味噌造りとポップコーン作りにチャレンジです。
味噌造りは昔ながらの製造方法で、煮大豆に米麹と塩を桶に入れ混ぜながらつぶします(拘りの材料は、千葉県産の“緑大豆”に、米麹は「食味が良い」と評判の“ながらコシヒカリ”と天日乾燥の天然塩を使用しています)。
つぶし終えたら団子状に丸め、空気が入らないように樽に投げ込み 上面を平らに整えます。仕上げに塩をふりカビ防止をして仕込みは終了です。
あとは、半年から1年くらい自然発酵・熟成させて無添加天然醸造味噌の出来上がりです。愛情をこめて「美味しくなあーれ!」と皆さん力を合わせて仕込みましたので美味しい味噌に仕上がりますよ。 熟成が待ち遠しいですね。
味噌造りのあとは、ポップコーン作りと試食です。さらには、無添加・天然醸造味噌を使った、“紅あずま”(長柄町の『黒ボク』と呼ばれる地味豊かな畑で育った、「ホクホク系」の甘いさつま芋)を具材にした味噌汁の味わい体験です。
大きめにカットした“紅あずま”の甘さと味噌のしょっぱさのハーモニーが味噌汁の美味しさを一段と高めます!
皆さんはさつま芋を具材にした味噌汁を飲む機会も少ないのでしょうか、「美味しい!」と言いながら、何と、5杯もお代わりしたお友達もいました。
皆さんは、昔ながらの味噌造り(食品加工法)を学び、そして、共同作業を通してお友達との交流を深めたことでしょうね。
素晴らしい体験を通して友情を深めた後は、『ながら夢工房』の“一番味噌”とお友達との楽しい思い出をお土産に皆さんは帰路につきました。今夜は美味しい味噌で、ママはどの様なお料理をつくってくれるかな?夕食が楽しみですね。
国際青少年研修協会さんでは、海外研修交流をはじめ国内交流事業など多彩なプログラムを展開しているそうです。詳細は03-6825-3130へお問合せ頂くか、国際青少年研修協会で検索ください。
体験マップ
産直広場 太陽
『産直広場 太陽』
そば畑の庵『ながら長生庵』や『長生ファーム・ブルーベリー』に隣接し、長柄町や近隣の市町村の新鮮で美味しい米・野菜・根菜・果物などや農林産物加工品などを販売しています。
詳細はお問合せください。
営業時間:9:00〜18:00 定休日:毎月第一水曜日
長柄町山根2010 0475-47-3711
道の駅ながら
『道の駅ながら』
県道14号(千葉―茂原線)六地蔵の『道の駅ながら』では、長柄町や近隣市町村の新鮮で美味しい米・野菜・根菜・果物などや農林産物加工品などを販売しています。
詳細はお問合せください。
長柄町六地蔵138-1 0475-35-4741
千葉県長柄町
千葉県長柄町
長柄町は千葉県のほぼ中央部に位置し、東京都心から50km圏、千葉市からは25km圏にあり、『千葉のおへそ』と呼ばれています。また、圏央道の木更津からの延長や『茂原・長柄スマートIC』の開設(令和2年)によりとてもアクセスが良くなり、東京や神奈川方面からも気軽に来られるようになりました。
この地理的条件と県立笠森鶴舞自然公園に指定された恵まれた自然、基幹産業である農林業、農村生活文化などを活用して、都市住民に滞在型余暇活動を提供する『グリーンツーリズム』を推進しています。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
長柄町長清田勝利