nagara green tourism
体験マップ (PDFファイル)

原材料にとことん拘った、 『わが家ならではの 味と好みの味噌』 を造りませんか。 もちろん、無添加・天然醸造の味噌です。

ながら夢工房では、「安心して食べて頂ける味噌造り」をモットーに、安心で安全な原材料選びに拘りを持ち、製造から仕込みまで昔ながらの製造方法を守っています。
もちろん、添加物は一切使用しませんし、常温で自然発酵・熟成させる天然醸造の味噌造りを行っています。
大豆は主に、枝豆で食べても美味しい千葉県産の“緑大豆みどりだいず”を使用し、米麹こめこうじも、「食味が良い!」と評判の“ながらコシヒカリ”を使用しています。また、味の決め手となる塩も、ミネラル分を多く含む天日乾燥の“天然塩てんねんえん”を使用するなど原材料にとことん拘っています。
味噌・醤油・酒などの発酵食品は、「寒仕込かんじこみが美味しい」と言われます。
なかでも味噌は、寒さの厳しい冬場は雑菌の繁殖も少なくカビの繁殖を防ぎます。
また、冬から春・夏、そして秋へと季節の温度変化に伴い、ゆっくりと発酵・熟成しますから、各々の食材が相まった味噌本来の香りと旨味に加えて、コクと風味が増した美味しい味噌に仕上がります。
さらに、仕込んだ味噌を2・3年かけてじっくりと熟成させると、塩の角が取れ、大豆と米麹がほど良くこなれ、天然醸造ならではの旨味に深みとコクが増し、一層まろやかで色や香りの良い美味しい味噌に仕上がります。
大豆に拘り、米に拘り、塩に拘る ながら夢工房で『わが家ならではの味と好みの味噌』を造りませんか。
味噌造り体験は、『米麹造りから仕込みまでの2日間コース』と『仕込みだけの1日(約半日)コース』からお選び頂けます。
また、味噌造りの過程で、『畑のお肉』と称される大豆の煮汁に、塩と米麹に納豆(大豆の煮豆も使用することもあります)と天日干しにした大根(サイコロ状に切って乾燥させたもの)を加えた『豆造とうぞう』造りも体験できるかも・・・・。
この冬は、拘りの味噌をご家族で、ご近所お友達お誘い合わせで仕込みませんか。
少人数様はもちろん、グループやサークルなどの大勢様(団体様)も大歓迎です。
詳細はこちらから
味噌造り体験の日時などの詳細は、イベント情報ページをご覧ください。
使用する材料により、米麹味噌とは見た目も味も異なる、黒米味噌、赤米味噌、黒豆味噌、茶豆味噌、麦味噌、ギャバ味噌造りも体験できます。ご相談ください。
豆造とうぞう』は、長柄町や近隣市町村に古くから伝わる郷土食で、主に冬の寒い時期に造ります。
味噌造りの過程で大豆を煮たときの煮汁で造る、無添加の健康食品で、冬の寒い時期に温かなご飯にかけて食べると美味しいですよ(冬に買い求めた豆造を冷凍保存し、真夏の暑い盛りに冷たい豆造をご飯にかけて食べると美味しく食も進みます。是非お試しください)。
豆造は、12月初旬から3月下旬に、『道の駅ながら』0475-35-4741、「産直広場太陽」047547−3711で販売しています。
なお、製造量に限りがあり、昔食べた懐かしさや健康・自然食人気から品不足になることがあります。お買い求めの際は、商品の有無のご確認をお薦めします。
原材料に拘った、無添加・天然醸造の“ながら長生ながいき味噌”と“一番味噌”は、『道の駅ながら』0475-35-4741、「産直広場太陽」047547−3711で販売しています。
『ながら夢工房』 岡部弘安
長柄町六地蔵139-1
090-4668-4801(岡部さん)まで。
※必ずご予約ください。
農園(農家)の方は、昼間、水田や畑などで作業をしていることがあります。電話の繋がり難いことがありますが、ご理解くださいます様お願い致します。
新型コロナウィルスの感染拡大が懸念されています。
今後の感染拡大状況によりましては、『味噌造り』体験はお受け出来ない場合 があります。ご理解くださいます様お願いします。
ながら夢工房では、適切な感染対策を行っていますが、こまめな手洗いと消毒、そして、マスクの着用をお願いします。
感染拡大防止へのご協力・ご配慮をお願いします。

今月の体験

新型コロナウィルスの今後の感染拡大状況によりましては、各体験を中止・休止する場合があります。ご理解くださいます様お願い致します。
農家・農園並びに、各組合の皆さんは屋外で作業をしていることがありますので、電話が繋がり難いことがあります。ご理解くださいます様お願い致します。

薔薇のブーケ作り、太巻き花寿司巻き、パン・菓子作り、陶芸などは年間を通して体験が出来ます。
※詳細は、各体験ページでご確認ください。
★必ずご予約ください。

イベント情報

  • この冬は、『わが家ならではの、味と好みの拘り味噌』を造りませか。
    材料にとことん拘った、無添加・天然醸造味噌ですから、安心して食べて頂けますし、とっても美味しいですよ!
    味噌や納豆、豆腐などの主な原材料は大豆ですね。
    ところで、国内で消費される大豆の95%は輸入品であることをご存知でしたか?
    ながら夢工房では、「安全で安心して食べて頂ける味噌造り」をモットーに、とことん原材料に拘っています。
    大豆は主に、枝豆で食べても美味しい千葉県産の“緑大豆”を使用し、米麹も「食味が良い」と評判の長柄町産“ながらコシヒカリ”を使用しています。
    また、味に決め手となる塩も、ミネラル分を多く含む天日乾燥の“天然塩”を使用するなど原材料にとことん拘わり、麹造りから仕込みまで昔ながらの製法を守っています。もちろん、添加物は一切加えず、常温で発酵・熟成させる天然醸造味噌です。
    味噌・醤油・酒などの発酵食品は、「寒仕込かんじこみが美味しい」と言われます。
    寒さの厳しい冬場は、雑菌の繁殖も少なくカビの繁殖を防ぎます。また、冬から春・夏、そして秋へと季節の温度変化に伴い、ゆっくりと発酵・熟成しますから、コクがあり まろやかな美味しい味噌に仕上がるそうです。
    さらに、仕込んだ味噌を2・3年かけてじっくりと熟成させると、大豆と米麹に塩がほどよくこなれ、天然醸造ならではの旨味に深みとコクが増し、一層まろやかで美味しい味噌に仕上がります。
    味噌造り体験は、『仕込みだけの1日コース(約半日)と麹造りから仕込みまでの2日間コース』からお選びいただけます。ご都合に合わせてお選びください。
    また、味噌造りの行程で『畑のお肉』と言われる大豆の煮汁に、塩と納豆(大豆の煮豆を使用することもあります)に、天日干しにした大根(サイコロ状に切って乾燥させたもの)を加えた『豆造とうぞう』作りも体験できるかも・・・。
    この冬は、『わが家ならではの味と好みの拘り味噌』をご家族で、ご近所お友達お誘い合わせで造りませんか。少人数様から大勢様(団体)の味噌造り体験をお受けします。
    詳細はこちらから
    使用する材料により、米麹味噌とは見た目も味も異なる、黒米味噌、赤米味噌、黒豆味噌、茶豆味噌、麦味噌、ギャバ味噌造りも体験できます。ご相談ください。
    『豆造』は、長柄町や近隣市町村に古くから伝わる、主に冬の郷土食です。
    無添加の健康食品で冬の寒い時期に温かなご飯にかけて食します。
    12月初旬から3月下旬に『道の駅ながら』0475-35-4741、『産直広場太陽』0475-47-3711で販売しています。
    なお、製造量に限りがあり、懐かしさや自然食人気から品不足になることがあります。お買い求めの際は、商品の有無のご確認をお薦めします。
    <12月・1月・2月・3月の味噌造り体験(仕込み・半日コース)>
    午前と午後の2回行います。ご都合の良い体験時間をお選びください。
    下記日時が不都合な方もご相談ください。体験をお引き受けできる場合もあります。
    12月 4日(日)   午前9時〜・午後1時30分〜
    12月10日(土)   午前9時〜・午後1時30分〜
    1月 15日(日)   午前9時〜・午後1時30分〜
    2月 19日(日)   午前9時〜・午後1時30分〜
    2月 23日(木・祝) 午前9時〜・午後1時30分〜
    3月 5日(日)   午前9時〜・午後1時30分〜
    会場 ながら夢工房
    ※県道14号線(千葉―茂原線)六地蔵『道の駅ながら』の裏になります。
    日時 上記の体験日時
    募集人数 お一人様から大勢様(団体)をお受けできます。
    体験料金 700円/1sから、材料費を含む(大豆・米麹・塩など)
    味噌樽(仕込み容器)は各自ご持参ください(発酵時に味噌の容量が増え、容器から溢れることがあります。仕込み量より大きめの容器をご用意ください。
    市販されている漬け物用のポリ容器などが良いかと思います。
    その他 味噌造りはマスク着用でお願いします。また、薄手の手袋や三角巾・ヘアキャップ、長靴(清潔なもの)など各自ご持参ください。
    『ながら夢工房』 岡部弘安
    長柄町六地蔵139-1
    県道14号(千葉―茂原線) 六地蔵『道の駅ながら』の裏になります。
    090-4668-4801(岡部さん)まで。
    必ずご予約ください。
    新型コロナウィルス感染拡大が懸念されています。
    今後の感染拡大状況によりましては、『味噌造り体験』は中止する場合があります。ご理解くださいます様お願いします。
    ながら夢工房では、適切な感染対策を行っていますが、こまめな手洗いと消毒、そして、マスク着用をお願いします。ご理解とご協力をお願いします。

スナップショット

ひさびさに土と触れ合い 感触を楽しみながら、大きく育った“紅あずま”を和気あいあい掘り出していました。
2022年10月22日実施
暑くもなければ寒くもない・・・、「ちょうど良い塩梅あんばい」との表現がピッタリで、農作業に最適な収穫体験日和びよりとなりました。
東京や千葉をはじめ町内外から親子連れや友達同士など16組34名様にご参加頂き、引田香織ながらグリーンツーリズム親善大使も加わり、和気あいあい『さつま芋』の収穫を行いました。
掘り出すさつま芋は、ホクホクとして 甘く栗の様に美味しいと評判のホクホク系の“紅あずま”です。
まさに、「栗(九里くり)より(四里より)うまい十三里じゅうさんり」※の言葉通りのさつま芋ですね。
コロナ禍で土に親しむ機会も少なくなりましたが、皆さんは、土と触れ合い 感触を楽しみながら、大きく育った“紅あずま”を掘り出していました。
しっとり系の“紅はるか”や、ねっとり系の蜜芋みついも安納芋あんのういも ”は 追熟ついじゅく してでんぷん質が糖質に変化することにより甘く美味しくなりますが、“紅あずま”は、追熟をしなくても甘く美味しく食べられるさつま芋です。
皆さんに、「掘りたてのさつま芋をどのように食べますか?」とお聞きしましたら、「焼き芋」、「大学芋」とのことでした。きっとホクホクとして美味しいでしょうね。
今回のサプライズ収穫体験は、何と、ネギと生姜の収穫です(もちろん料金は無料。さつま芋掘りの料金のみです)。
台所を預かる奥様からは、「今、スーパーでは ネギが1本100円近くもするのよ。とにかく野菜が高いの!助かるわ。」と一所懸命ネギを収穫していました。
ご参加の家族連れや友達同士の皆さんは、袋からこぼれんばかりのさつま芋とネギに生姜を両手に抱え満面の笑みで、「有難う。また来ます!」と体験畑を後に帰路につかれました。
10月13日は『さつま芋の日』と言われるそうです(さつま芋の産地埼玉県の『川越いも友の会』が制定したそうです)。
10月はさつま芋の旬で、江戸から川越までの距離が丁度13里なので「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言われていたそうです。
体験マップ
産直広場 太陽
『産直広場 太陽』
そば畑の庵『ながら長生庵』や『長生ファーム・ブルーベリー』に隣接し、長柄町や近隣の市町村の新鮮で美味しい米・野菜・根菜・果物などや農林産物加工品などを販売しています。
詳細はお問合せください。
営業時間:9:00〜18:00 定休日:毎月第一水曜日
長柄町山根2010 0475-47-3711
道の駅ながら
『道の駅ながら』
県道14号(千葉―茂原線)六地蔵の『道の駅ながら』では、長柄町や近隣市町村の新鮮で美味しい米・野菜・根菜・果物などや農林産物加工品などを販売しています。
詳細はお問合せください。
長柄町六地蔵138-1 0475-35-4741
千葉県長柄町
千葉県長柄町
長柄町は千葉県のほぼ中央部に位置し、東京都心から50km圏、千葉市からは25km圏にあり、『千葉のおへそ』と呼ばれています。また、圏央道の木更津からの延長や『茂原・長柄スマートIC』の開設(令和2年)によりとてもアクセスが良くなり、東京や神奈川方面からも気軽に来られるようになりました。
この地理的条件と県立笠森鶴舞自然公園に指定された恵まれた自然、基幹産業である農林業、農村生活文化などを活用して、都市住民に滞在型余暇活動を提供する『グリーンツーリズム』を推進しています。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
長柄町長清田勝利