体験一覧・お問い合わせ グリーンツーリズムマップ 長柄町までのアクセス
Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 4 Slideshow Image 5 Slideshow Image 6

広大なそば畑の庵『ながら長生庵』。これから、夏新そばの花が見ごろをむかえます。

千葉県の中央部に位置し「ちばのおへそ」と言われる長柄町。新緑の里山を一望する長柄丘陵に、北海道の大地をも連想させる、6haの広大なそば畑の中腹に位置する『ながら長生庵』。
「美味しいそばのために、まず、そば畑から作りました」と話すオーナーの坂本さん。
もともとは、広大な牧草地だった丘に、可憐な白いそばの花に魅せられたことから、そばの栽培を始めたそうです。さらには、そば好きが高じてそば店まで始めてしまったとか。
夏新そば(6月頃)と秋新そば(10月頃)には、丘一面に白いそばの花が咲き乱れ、その景観は北海道や信州のそば畑と見まがうばかりです。
そばは鮮度が命です。自家製のそばを、挽きたて・打ち立て・茹でたてでお出しする長生庵のそばは、「香り、風味がよく、のど越しは格別」とそば通に人気です。もちろん、つゆにも拘り、鰹本来の旨味と香りを引き出す枯れ節を使用したキレのあるつゆで、打ち立てのそばをご堪能頂けます。
そばの花を愛でながら、美味しいそばをすする。まさに、至福の一時ではないでしょうか。
また、ヒルトップ(海抜130m)の『長生き展望台』からは、眼下に新緑の眩しい里山や茂原市街のパノラマを。晴れた日には遠く白子町・九十九里浜の眺望もお楽しみ頂けます。
そばの花の見頃や『ながら長生庵(月曜日定休)』のお問合せは0475-30-6633まで。
※今年の夏新そばの花は、『ながら長生庵』の周辺で観賞できるようです。また、秋新そばの花は、そば畑全体に播種の予定をしているそうです。
長柄町は千葉県のほぼ中央部に位置し、東京都心から50km圏、千葉市からは25km圏にあり、『千葉のへそ』と呼ばれています。また、圏央道の延長開通により、神奈川県からも気軽に来られるようになりました。
この地理的条件と県立笠森鶴舞自然公園に指定された恵まれた自然、基幹産業である農林業、農村生活文化などを活用して、都市住民に滞在型余暇活動を提供する『グリーンツーリズム』を推進しています。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
長柄町長 清田勝利
※天候等により作物の生育状況は変化します。収穫体験を希望される方は、お問い合わせの上、事前にご予約をしてから参加ください。

米作り(管理作業)
(水上第一・水上第二・日吉営農組合)
【6月初旬〜8月初旬】 田植え後の田んぼ(圃場)や畔などの管理作業で、草払機や鎌を使用しての草刈りや施肥作業などです。詳細はお問合せください。
★必ずご予約下さい
詳細はこちらから
※『稲刈り』の参加ご予約をお受けしています。
稲刈りの実施日は、天候や稲の生育状況によりますが、8月の下旬を予定しています。
ご家族で、ご近所お友達お誘い合わせでご参加ください。大勢様(グループ・団体)でのご参加も大歓 迎です。
お問合せは『ながらグリーンツーリズム』0475-35-4447まで。
※「食味が良い」と評判の“ながらコシヒカリ”は『道の駅ながら』で販売しています。
玄米をご購入の方でも、精米設備がありますのでその場で精米出来ます。精米したてのお米で炊いたご飯は美味しいですよ。
餅つき(杵と臼でつく)
(ながら夢工房)
【6月初旬〜9月下旬】 竈に火をおこし、もち米(長柄町産の“ふさのもち”)をせいろで蒸して、杵と臼でつく昔ながらの餅つきです。杵と臼でついた餅は、もち米本来の旨味はもちろん、餅に粘りと腰があり、杵つき餅ならではの美味しさを楽しんでいただけます。
つきたての餅を餡ころ餅やきな粉餅、からみ餅(大根おろしと醤油)で食べる美味しさは格別です。
棒餅やかき餅作りも体験出来ます。
詳細はお問合せください。
餅つきのお問合せ・ご予約は、ながら夢工房(岡部さん)090-4668-4801まで。
★必ずご予約下さい
詳細はこちらから
※もち米を洗ったり、水に浸したりの準備がありますので、ご予約は1週間から10日前までにお願いします。
※長柄町産のもち米でついた、つきたての柔らかい餅は『道の駅ながら』で販売しています。
太巻き花寿司
(ながら夢工房)
【6月初旬〜9月下旬】 長柄町などに古くから伝承されてきた『太巻き花寿司』は、冠婚葬祭などの人寄せごとには必ず巻いたそうです(この地方では、お客様をお招きし会食などすることを“人寄せごと”と言うそうです)。
巻き上がった『太巻き花寿司』の絵柄は「食の芸術」と言っても過言ではありません。
昔は、農家のお嫁さんの必須科目として、姑さんが巻き方と絵柄を伝授したそうです。
ぜひこの機会に『太巻き花寿司』巻きを習得して、お料理のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。ホームパーティやお子さんの遠足、運動会のお弁当に喜ばれること請け合いです。詳細はお問合せください。
太巻き花寿司のお問合せご予約は、ながら夢工房(岡部さん)090-4668-4801まで。
★必ずご予約下さい
詳細はこちらから
※見た目にも美味しそうな『太巻き花寿司』は『道の駅ながら』で販売しています。
年間を通しての体験
薔薇のブーケ作り、押し花・リース作り、太巻き花寿司作り、ながら花クッキー作り、パン・菓子作り、チェンソーカービング(熊や動物など)、陶芸などは年間を通して体験が出来ます。
※詳細はお問合せの上、必ずご予約下さい。
オーナー募集中!
稲作・米作りオーナー体験 ※田んぼ(圃場)の面積はご相談下さい。
銘柄・品種は食味の良い『ながらコシヒカリ』の田植えから稲刈りをメインに田耕、畔作り(畔作りはトラクターで出来ます)、代掻き、種まき、草刈、施肥、水の管理、籾すりなどの稲作全般の体験が出来ます。
長柄町は水がきれいで圃場が粘土質。緑が多く昼夜の温度差が大きい事に加え、谷津田(山あいにある田んぼ)が多く、山から有機物を含んだ水が流れ込むことから、美味しい米作りには最適な地域と言えます。300坪(1反歩)から約450Kg(約7〜7.5俵)の収穫が見込めますので、ご近所やグループでの体験をお薦めします。
自ら田植えをし、黄金に実った稲を収穫する刈り取りの楽しみは格別です。もちろん、受け入れ農家が全面的にサポートしますので心配はありません。
詳細はお問い合わせ下さい。
※種籾、田ぼ(圃場)などの準備の都合上、「稲作・米作りオーナー体験」のご予約は2月中旬から2月末日までにお願いします。
詳細はこちらから
稲刈り
イチジク1株オーナー体験・1株単位(1株からは16本程の枝が立ちます)
品種は「桝井(ますい)ドーフィン」。果肉はピンクで大粒の極めて糖度の高い甘いイチジクです。収穫時期は8月中旬から10月の下旬まで。1株から平均400〜450粒の収穫が見込めますので、ご近所やグループでの参加をお薦めします。
年間を通しての体験は、剪定、施肥、草取り、落葉処理、藁巻き等と、何よりも楽しみな収穫です。もちろん、受け入れ農家が全面的にサポートしますので心配はありません。
詳細はお問い合わせ下さい。
※1株オーナー体験は休止中です。
詳細はこちらから イチジク
ネギ作りオーナー体験・1畝単位(1畝約12m)
甘くて柔らかい長柄町のネギは黒く肥えた土壌で生育します。体験内容は種まき、植え付け、草取り、土盛り等と、楽しみな収穫です(収穫期間は半年にも及びます)。1畝(約12m)で約250から400本のネギが収穫出来ますので、ご近所やグループでの参加をお薦めします。
もちろん、受け入れ農家が全面的にサポートしますので心配はありません。
詳細はお問合せ下さい。
詳細はこちらから ネギ
薔薇の年間頒布・神崎バラ園・金額や体験内容はご相談に応じます。
「薔薇を愛で、薔薇の香に包まれる」日々薔薇のある生活は如何ですか。
薔薇床作りや接木、日常の育成管理など薔薇を上手に育て、大輪の花を咲かせるコツをお教えします。また、切り取った薔薇で、ブーケ作り、花束作り、アレンジメントなども体験できる各コースをご用意しました。
例えば、年間3万円のコース(コース金額は、1万円コースから1万円単位でご相談に応じます)ですと、毎月(12ヶ月)30本(年間360本)の薔薇の切り取り体験と接木から開花までの作業指導にブーケや花束、アレンジメントの指導も致します(ブーケ、花束、アレンジメントで使う薔薇の材料費はコースにより実費となるコースもあります)。なお、切り取りなどに来園出来ない月はご自宅にお送りします(送料は別途となります)。
受け入れ園芸農家の神崎バラ園では、主にテネケ(白い薔薇)・ローテローゼ(真紅の薔薇)・ジュピター(黄色の薔薇)・シャネル(濃いピンク)を栽培しています。毎年5月には薔薇の掘り起こし(各自が掘り起こした薔薇は持ち帰りが出来、翌年ご自宅で開花させる方もおります)や各種催しの「GoGo祭り」を開催しています。
ご近所やお友達で参加するのも良いのでは・・・・。もちろん、神崎バラ園が全面的なサポートと体験指導を行いますので心配はありません。詳細はお問合せ下さい。
詳細はこちらから 薔薇
農林産物・加工品のお買い求めは!

長柄町産の新鮮で美味しい米・野菜・根菜・果物・農林産物加工品などは下記で販売しております。
詳しくはお問い合わせ下さい。

道の駅ながら
(生産物直売所)
TEL:0475-35-4741
長柄町六地蔵138‐1
(県道14号・千葉―茂原線沿い)
道の駅ながら道の駅ながら
問い合わせ 長柄町役場 産業振興課 0475-35-4447
(土曜・日曜・祝日は除く)
syoukoukankou@town.nagara.chiba.jp syoukoukankou@town.nagara.chiba.jp
ながらグランツーリズムSNAPSHOT
お子さんと田んぼの生き物に触れあい、苗を植え付け、それは、賑やかで楽しい一日となりました。―4月28日(日)実施

里山に新緑が映え、風薫る五月晴れの田植え日和に、東京・千葉・市原方面から25家族68名の皆さんに、宮田章司ながらグリーンツーリズム親善大使をはじめ宮田一門の皆さんが加わり、それは賑やかで楽しい田植えとなりました。
田んぼには生き物がいっぱいいます。お子さんにパパやママも加わり、田植え前から水路や田んぼでカエルやザリガニなどを観察したり、捕まえたりで歓声を上げ多いに楽しんでいました。
さぁ、いよいよ本番の田植えです。皆さん一斉に田んぼへ。前に進んで植える方、後ろへ下がる方、中には一列だけ植える方など皆さん植え付け方は様々で、それぞれに田植えを楽しんでいました。田んぼの水も温み気持ちが良いのか田んぼに座り込み田植えをするお子さんも。
また、田植え機に乗車しての田植え体験もあり、初めて乗る田植え機に緊張した面持ちでキャメラにおさまるお子さんもいらっしゃいました。
爽やかな汗を流した後はとかくお腹の空くもの。おまちかねの昼食は、“ながらコシヒカ リ”のおにぎりに竹の子の味噌汁と漬物です。青空の下で食べるおにぎりの味は格別です。
「お代り自由」とあって、皆さん大いに食が進み満腹の様子でした。
食事の後は自由解散でしたが、田んぼを去りがたく、カエルやザリガニを追いかけるファミリーもいらっしゃいました。
ご参加頂きました皆さんからは、「色々な田植えイベントに参加しましたが、長柄町の田植えが最高!」とか「おにぎりに味噌汁が美味しかった!」、「田植え機に乗れて良かった」などのご感想を頂きました。
稲刈りは、天候や生育状況によりますが8月下旬を予定しています。賑やかで楽しい稲刈りとなりますよう、皆様のご参加をお待ちしています。

宮田章司ながらグリーンツーリズム親善大使と宮田一門の皆さんが、賑やかに田植えを行いました。―4月22日(月)実施

宮田章司ながらグリーンツーリズム親善大使と宮田陽・昇師匠(漫才)、橘ノ圓満師匠(落語)、ストレート松浦さん(ジャグリング)、宮田小介さん(漫才)、渡会 良さん(俳優)、栗芝健舟さん(篠笛)など宮田一門の皆さんが、何とも、愉快で楽しく賑やかに『宮田章司圃場』の田植えを行いました。皆さん田植えは10年以上も続けており、手慣れたもので綺麗に植え付けていました。
農作業の後はとかくお腹の空くもの、田植えの後は楽しみな昼食です。水上第一営農組合 神崎代表の奥様お手製の“ながらコシヒカリ”の炊きたておにぎりに竹の子の煮しめや旬の野菜の天ぷらと具だくさんの豚汁などが振る舞われ、「うまいね!」と宮田師匠。
皆さんはひとしきり田植え談議に花が咲き、長柄町の旬の食材を使った神崎さんの美味しい手料理を堪能し、東京への帰路につきました。
秋の稲刈りが楽しみですね。

「長柄町の竹の子は、エグミが少なく甘くて美味しいから」と大勢の竹の子ファンにご来場いただきました。―4月14日(日)実施

恒例の『道の駅ながら』竹の子まつりには開店前から大勢の竹の子ファンにご来場いただきましたが、今年の竹の子は例年よりも集荷量が少ないようで品薄とのことでした。
竹の子には作柄の周期(豊作の表年と不作の裏年)があるそうで、今年は竹の子の裏年とも言われているそうです。千葉市からご来場の女性のお客様は、「“ぐるっと千葉“を見て来ましたが、竹の子が少なくて買えなくて残念でした。でも、他の新鮮な野菜が買えて良かった」と話していました。また、船橋からご来場のご夫妻は、「毎年長柄町の竹の子を北海道に送って喜ばれていますし、竹の子の味噌汁が美味しいので楽しみにして来ました」とのお言葉を頂きました。
遠方から竹の子目当てにお越し頂きましたが、なかにはお買い求め出来なかったお客様もいらっしゃったようです。ほんとうに申し訳ありませんでした。
また会場では、朝掘りの竹の子の味噌汁の無償配布が行われ、「出汁が出ていて柔らかく、とっても美味しかったのでお代わりしちゃった」とのお客様もいらっしゃいました。

「今年も美味しいお米がいっぱいとれますように!」と願いを込め、家族で力を合わせて苗を植えました―4月13日(土)実施

『2019米作り体験(白金・高輪お米会)』15家族40名の皆さんが、旬の竹の子掘りを楽しみ、米作り前半のクライマックスとも言える“田植え”を行いました。
まずは、『竹もりの里』さんが管理する手入れの行き届いた竹林で、竹の子堀の名人から、美味しい竹の子の探し方や掘り出し方の説明を受け、家族ごとに竹の子掘りに挑戦し、お気に入りの竹の子をゲットしていました。
竹の子掘りを楽しんだ後はいよいよ本番の田植えです。今年は新会員も加わり、「田んぼに入るのは初めて」と言うご家族もいらっしゃいました。「泥が気持ち悪く田んぼに入るのに抵抗があったが、田植えをしている内にヌルヌルが気持ち良くなった」とか「苗を同じ本数、等間隔に植えることが意識しても難しかった」、「田んぼはタピオカミルクティみたい」などの感想を頂きましたが、ご家族ごとに頑張って田植えは無事に終了しました。
田植えの後「温泉の臭いがする」とお子さん達は水路で泥んこの足を洗いながら水遊びを楽しみました(水路の水は、“ながら温泉”の源泉を汲み上げて田んぼの用水に使っているそうです)。
皆さんが植え付けた苗が大きく成長し、秋には黄金に実り、美味しいお米がいっぱいとれると良いですね。

★各体験の詳細はお問い合せの上、必ずご予約下さい。
【収穫体験】
無農薬の甘〜いブルーベリーが食べ放題。お持ち帰りもできます。
 
【収穫体験】
摘みたてのバラでブーケと苗つくりの体験。日々バラのある生活、バラの年間頒布もあります。
【収穫体験・オーナー制】
採れたてのイチジクをその場でパクリ。他にもワイン煮などの体験や1株オーナー制もあり。
1株オーナー制は休止中
【収穫体験・オーナー制】
稲刈りはもちろん、田植えや脱穀なども体験。オーナー制もあり。
【収穫体験】
1m以上掘り下げなければ収穫できない自然薯。是非、チャレンジしてください。
【観賞・ 収穫体験】
ロマンを感じる古代米。観賞から収穫までを体験。出穂時に赤く色づく古代米は本当に美しいですよ。
【収穫体験】
つやのある大粒の甘い栗を栗林で拾う。ご家族連れでどうぞ。
 
【収穫体験】
採れたてのきゅうりはほんのり甘い。是非、味噌の持参で体験してください。
※収穫体験休止中
【収穫体験・オーナー制】
一畝ごとのオーナー制。グループでオーナーになるのも可能です。
 
【収穫体験】
千葉の名産落花生。取れたてならではの茹で落花生は絶品。
 
【収穫体験】
レンコン堀は一日限りの泥んこ体験。大人も童心にかえって楽しんでください。
※収穫体験休止中
【収穫体験】
季節ごとに、なす・ほうれん草・トウモロコシなど様々な旬の野菜の収穫体験。
【収穫体験】
菌打ちから収穫まで。新鮮なしいたけは色とつやがまるで違います!
※収穫体験休止中
【収穫体験】
探して・掘って・食べて。楽しさ満載のタケノコ掘りは、まるで宝探し。
【収穫体験】
収穫した大粒の梅は、シロップ漬けなど様々な加工方法も体験できます。
※収穫体験休止中
【収穫体験】
味がよくて有名なさつま芋。土にまみれてのさつま芋堀は大人もお子様も楽しめます。
【収穫体験】
ご家族で真っ赤に熟した甘いイチゴを収穫しませんか。公式HP→ママズベリー(いちご狩り)
【収穫体験】
巨峰、ピオーネなど大粒種無しぶどうのぶどう狩りが楽しめます。公式HP→はぎわら農園(ぶどう狩り)
【加工体験】
この土地に古くから伝わる食文化。きれいな花柄模様は食べるのがもったいないくらい。
【加工体験】
「手前味噌」これこそ人に自慢したくなる手作り味噌は自宅で熟成させてから召し上がれ。
【加工体験】
杵と臼で本格的に餅つき体験。粘りとコシが違います。きな粉やおしょうゆで。
【加工体験】
ながらの自然の材料を使って、オリジナルの作品を。グループやご家族で。
【加工体験】
さつまいもなど長柄で取れた食材を活かしたパンやお菓子作り。
【加工体験】
竹炭は、窯入れから窯出しまで、一通りを体験。自ら焼いた炭は持ち帰ることが可能。
※現在体験休止中
【加工体験】
子どもと一緒に竹とんぼを作ったり、本格的にカゴやザルなども伝授してもらえます。
※現在体験休止中
【加工体験】
さつまいもやゆずを使ったクッキーは、とても美味しいと評判。ご家族連れでどうぞ。
【加工体験】
チェーンソーで彫るクマは、とっても表情豊か。自然の大切さを感じながら制作してみては!
【加工体験】
本格的な窯で焼き上げる陶芸体験。初心者から上級者まで楽しんでいただけます。
【自然体験】
長柄の雄大な自然にふれてみてください。
【自然体験】
長柄町の大自然の中で思いっきりキャンプ体験。満天の星空に出会いに来てください。
長柄町ホームページ  Copyright 2005 Nagara Green Tourism Kyougikai All Rights Reserved.